新着情報【TOP】
エコロッジって何?
協会概要
入会のご案内
事業内容
登録認定制度登録認定制度
エコロッジ
プロダクツガイド



 
 
 
 
エコロッジって何? >>> エコロッジ滞在の楽しみ方
 

エコロッジとは自然に恵まれた立地にある宿泊施設ですが、同時に地球に優しく、周囲の好環境を再認識させる教育プログラムやエコツアーを実施、また地域住民との協調性が高い施設であることが第一条件です。環境に負担の少ない小・中規模の施設が環境に配慮した設備に投資し、収益の一部を環境保護や地域住民に還元することでエコロッジとして認識、認定されるのです。

エコロッジは環境に負荷をかけ、破壊してまで建設する宿泊施設ではありません。既に人の手が入った自然が多く残る場所にこれ以上の環境悪化を防ぐ跡地利用としてエコロッジをしたり、負荷を最小限に抑えて建築・再築します。

宿泊施設が呼び物として利用する国立公園などの保護地区や自然に恵まれ、癒しを求めて訪れるお客様が多い場所では、特に周囲の環境保全の資金とそれを理解する人の努力を必要とします。エコロッジのオーナーはエコツアーなどの自然教育プログラムを催し、また外部へ斡旋し、伝統文化・習慣等体験の場を提供をすることで利用客の自然・生活環境意識を高め、収益の一部を自然保護や地域社会の発展に役立てます。

エコロッジ先進国はコスタリカ、ペルー、ブラジル、エクアドル、米国、オーストラリア、ニュージーランド、ケニア等で、アジアでは東南アジアを中心に少しずつ定着してきておりますが、日本ではまだ初期段階にあり、エコロッジ経営を志望する方も少なく、コンセプトを理解する方も残念ながら少数に留まります。世界ではエコなお宿を認定する制度が乱立し、消費者がどの制度(エコラベル)を選択すればいいのか迷うほどになっています。わが国では唯一国連外郭諮問機関であるグローバル・サステイナブル・ツーリズム協議会と連携している当協会の認定制度は国際基準に準拠しており、本当のエコを目指す宿泊施設と成長を共にしたいと考えています。

 
写真提供(瓜田・高山)
エコロッジと従来の宿泊施設とのポイント比較
エコロッジ
従来の宿泊施設
シンプルな作りだが、必要最低限のものは揃っている。 ゴージャスに過ごすためのアメニティーが豊富に用意されている。
その地域でしか味わえない体験ができる。 どこに行ってもほとんど同じ要素を満たしている。
自然に触れるアクティビティーや教育プログラムの参加が目的。 リラックスすることが目的。
レクリエーションは自然が相手。ハイキング、ダイビング、シーカヤッキング、乗馬など。 施設を利用して遊ぶことが多い。テニス、ゴルフ、プールなど。
自然に配慮して施工、建設がなされる。 多少自然を犠牲にしてもコストパフォーマンスが高い施工法が選択される。
一人のオーナーが中心に施設全体を運営する場合が多い。 複数のオーナー、またはグループ企業が施設運用をする場合が多い。
施設のユニークさ、場所、少人数制、きめ細かいサービスで収益を上げる。 客数を多くし、サービスを提供し、宿泊料を高めに設定して利益を上げる。
初期投資は比較的少なく、また光熱費削減などで回収する。 初期投資は多く、客数を増やすことで回収する。
一番の売りは周囲の環境、そして宿泊施設。 一番の売りは宿泊施設、次に周囲の環境。
郷土料理がメイン。地元で収穫した魚介類野菜類を使用。ヘルシー。 グルメな料理。輸入食材を使うことが多い。
広告はインターネットなど自主的に行われる。 広告はインターネットやメディアなど組織的に行われる。
エコツアーガイドなど自然を熟知した人が常駐している。 自然に対して熟知している人がいない、または少ない。エコツアーの斡旋に留まる。
*国際エコロッジガイドラインから抜粋
エコロッジの設備例


エコロッジ滞在の楽しみ方

エコロッジを選ぶ理由は「エコだから」だけではないでしょう。滞在し体験プログラムに参加することで、周囲の大小の発見や感動があり、地域住民だからこその交流を楽しみましょう。

  1. 景色がいい!:エコロッジは自然環境に恵まれた立地にあります。窓から飛び込んでくる景色は展望のきくものでない場合があります。それは眺望のきく立地条件を優先すると、人工建造物が自然の景観とミスマッチしてしまうからです。だけど、海や森林があります。鹿や熊が見える等、非日常的な風景を堪能できる施設もあります。
  2. 空気がいい!:自然に囲まれている=空気がきれいです。深呼吸して自然の恵みを体感してください。
  3. 音がいい!:鳥のさえずりで目覚める。夏場は虫や蛙の声でにぎやか。道路に近くても、交通量は通常少なく、夜間はとっても静か。
  4. 体にいい!:自然素材を使った施設は、化学製品や添加物等から及ぶ影響がありません。食事もオーガニック、低農薬、地産地消を心掛けており、気持ち良く滞在できます。また、体を動かして楽しむエコツアーや体験ツアー等に参加すれば、身も心も癒されます。
  5. 人がいい!:オーナーさんはその土地出身の場合と移住された場合がありますが、間違いなくその土地を愛されています。その愛があるからこそ、周囲の環境に配慮しているのです。それを理解して来られるお客様とは、当然話も話します。環境や施設だけでなく、人の良さも感じてください。少人数制だからこそのサービスも見逃せません。
  6. 地域にいい!:雇用がある場合は地元から、食材や生活用品などはなるべく地元で調達し、少しでも地域が潤うように努力しています。マイカー利用もできますが、公共交通機関で行ける場合は、なるべく低炭素な乗り物を推薦します。環境にいいだけでなく、地域住民にあまり使われていないバス路線等の利用促進をします。
  7. 環境にいい!:これはエコロッジのお約束。環境配慮の取組を開示して、宿の頑張りを世間に見せるのは勇気あることです。料理や景色、料金だけで勝負している宿はエコに関心がないので、開示できないのです。