新着情報【TOP】
エコロッジって何?
協会概要
入会のご案内
事業内容
登録認定制度登録認定制度
エコロッジ
プロダクツガイド



 
 
 
 

事業内容

ECOLAは以下の事業行うことを目的とし、活動しています。

  1. 環境配慮型宿泊施設、エコツーリズム、環境配慮型宿泊施設を中心としたまちづくりに係わる研修、広報普及、調査研究事業
  2. 宿泊施設等への新エネルギー、省エネルギー、再資源化等の環境配慮技術の普及事業
  3. 環境配慮型宿泊施設の推奨制度事業
  4. 前各号に掲げる事業に関連しての国内外の情報収集とネットワークの構築に関わる事業
  5. 前1-3に掲げる事業に関連しての他各種団体へのコンサルティング事業

    具体的には:
  • ウェブサイト等媒体を通じた広報事業や講師陣によるエコロッジ出前講座を開講します。
  • 宿泊施設等へのヒアリングを実施し、環境に配慮した技術や機器導入の提案をします。
  • ガイドラインの作成や先進事例の視察を行います。
  • 各種団体とのパートナーシップを構築し、情報の交換や発信をします。
  • 宿泊施設等へのヒアリングを実施し、環境に配慮した地元還元型エコツアーとエコロッジ導入のお手伝いをします。

 事業の成果
2011年以降は京都府から京都市へ所轄官庁が移行しているため活動報告書は作成しておりません。
2008年度事業の成果 2010年度(PDF460KB)
2008年度事業の成果 2009年度(PDF541KB)
2008年度事業の成果 2008年度(PDF569KB)
2007年度事業の成果 2007年度(PDF491KB)
2006年度事業の成果 2006年度(PDF131KB)
助成事業報告書
2008年度事業の成果 2008年度公益信託地球環境日本基金事業
「ベナン共和国アヘメ湖地区における地球温暖化対策と野生動物保護のためのエコビレッジ調査と提言」(PDF15,406KB)
2008年度事業の成果 2008年度公益信託地球環境日本基金事業 (別紙)
「ベナン共和国アヘメ湖地区における地球温暖化対策と野生動物保護のためのエコビレッジ調査と提言」別紙(PDF2,438KB)
2008年度事業の成果 2008年度西日本SHD パートナーズ倶楽部 食と旅支援基金 助成事業の実施内容および成果
環境に配慮した宿泊施設普及啓蒙事業(PDF150KB)
その他
人件費及び諸手当の支払いに関する要綱 全国エコツーリズム大会in白川郷第4分科会内容(2007年3月)(PDF1,876KB)
人件費及び諸手当の支払いに関する要綱 FEALAC(アジア中南米協力フォーラム)講演概要(2010年5月)(PDF2,504KB)